検索を閉じる

リーディング体験~声に出して味わう遠藤周作 戯曲『メナム河の日本人』~

舞台「メナム河の日本人」に出演された布施安寿香さんによる作品解説を聞きながら、演劇の台本を声に出して読んでみる—
気軽にプチ演劇体験ができる静岡での人気企画を長崎でも開催します!
普段の生活ではめったに口にしないような名セリフを語ることで「非日常」を体験できます。演劇をやったことがない方も大歓迎です!

【開催日】  ①10月9日(日)13:00~14:30 ②10月10日(月・祝)10:30~12:00

【会 場】  ①遠藤周作文学館 思索空間アンシャンテ(長崎市東出津町77) ②長崎ブリックホール 3階 国際会議場横ラウンジ(長崎市茂里町2-38)

【定 員】  各回20人

【参加費】  500円

【申込方法】 下記の申込フォームからお申込みください。
また、8月15日(月)からはあじさいコール(TEL:095-822-8888)からもお申込みできます。

申込フォームはこちらから⇒https://nagasaki-bunka.jp/form/2254/

【申込締切】 9月26日(月)※定員(20人)を超えた申込があった場合は、抽選となります。

【布施安寿香氏プロフィール】

2002年ク・ナウカ入団。06年よりSPAC-静岡県舞台芸術センターに所属。主な出演作に『夜叉ヶ池』『冬物語』『アンティゴネ』(演出:宮城聰)、『ガラスの動物園』『盲点たち』(演出:ダニエル・ジャンヌトー)、『室内』(演出:クロード・レジ)等があり、その清楚な佇まいで『ハムレット』(演出:宮城聰)のオフィーリアや、『サーカス物語』(演出:ユディ・タジュディン)の少女エリなど、物語のヒロインを演じることが多い。

最終更新日:2022年08月02日

ページID:2281